顎関節症 咬み合わせ 浜松市 歯科

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
健康保険 初診・急患053-473-2333
【受付時間】 9:00~12:30/14:30~18:00
●ご希望の方は、無料初診カウンセリング出来ます
●月~金曜 午前中のみ予約制で無料相談行っています

アクセス・地図

顎関節症・咬み合わせ

顎関節症・咬み合わせ

  1. TOPページ
  2. 顎関節症・咬み合わせ

ドアのヒンジを治さなければ、次の治療にはすすめないと考えています。
顎関節

例えば、ダメになった歯をインプラントのみで回復させようとすると、もしインプラントを埋入しても術後、またそのインプラントはダメになってしまうことがあります。もしかしたら天然の歯や差し歯がダメになった理由は、顎関節・咬み合わせの不正が原因かもしれません。

これは審美歯科による差し歯やインレーなど、どんな治療においても同じことが言えます。
人間のお口の開け閉めの元となる部分は、顎関節です。
一軒家に立派なドアを作っても、ヒンジ(蝶番)がガタついてしまっていては意味がありません

このような症状の方へ

顎関節症の症状

当院で行う、主な咬み合わせ・顎関節症の診断方法

咬合器による診断

咬合器・フェイスボー

まず術者がいいであろう位置を咬合器で再現します。ある基準となる平面に対する上顎の歯列の位置関係を記録します。今までの歯科治療で、この様な事の経験は多くないかもしれませんが、痛い物ではありませんので、5分ほどご協力をお願い致します。

スプリント(マウスピース)の作成・診断

りんご

症状や兆候を判定するための「ソフトスプリント」と、診断後に顎関節を理想の位置まで調整する「ハードスプリント」を使い分けています。

今までの顎関節症等においてのスプリントはただ入れるという方法でした。歯の噛み合わせの位置によって、顎関節を理想の位置にもっていくようにします。

CT撮影による診断

りんご

CT撮影を咬み合わせの診断にも利用しています

当院の治療の特徴である「咬み合わせ治療」。
CTを導入した理由は、この咬合治療における顎関節の位置関係を診断したいから、というのもありました。

具体的には、顎関節のすき間が均等になっているかを確認します。これは通常のレントゲンでは確認が困難で、ここでCTが活躍します。

顎関節の図

今までであれば、整形外科に行ったとしても、膝(ひざ)にしても肘(ひじ)にしても背骨でも、必ずレントゲンを撮り、その空隙(くうげき)がどうなっているかを必ず診ます。

しかし、歯科の分野では、そのような診断が今まであまり一般的ではありませんでした。ですので顎関節も一般的な整骨と同じように考えると分かりやすいのではないかと思います。

調整すべきは、まず、歯の部分ではなく、顎関節なのです

当院では顎関節症・咬み合わせに関係する歯科の勉強会「PGIクラブ」に所属し、咬み合わせ・顎関節症に関する技術向上に取り組んでいます。


大きな地図で見る⇒

・東名高速道路浜松西ICより約20分
・JR浜松駅より約15分

・14番のりば:バス停「 聖隷健診センター」下車

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
053-473-2333
【受付時間】 9:00~12:30/14:30~18:00

●ご希望の方は、無料初診カウンセリング出来ます
●月~金曜 午前中のみ予約制で無料相談行っています

〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉1-43-17
(聖隷健康診断センターの向かいにあります)

診療時間表
◎月2回土曜日・月2回木曜日は休診

スタッフ
ブログ

診療カレンダー


休診日:日祝・週2回土曜・週2回木曜

インプラント小冊子
無料プレゼント

インプラントの小冊子をプレゼントしております。待合室にありますのでお持ち下さい。

インプラントセーフティマークIDI
歯科医療推進機構(IDI)による施設認定基準(インプラントセーフティーマーク)が
認められました。

セレック

歯髄細胞バンク

ページの先頭へ